栄養・食料科学セレクション3
―試される大地北海道の若い研究者の挑戦―
食による生体機能調節の新展開

監修 日本学術連絡会議 栄養・食糧科学研究連絡委員会
編者 安本 教傳・葛西 隆則
B5判・110頁/本体価格2,800円(送料310円)



I 食品による生体調節機能の解析と亢進,新たな機能性の創出
●植物ポリフェノールの
 小腸α-グルコシダーゼ阻害活性の分子機構 ……登田美桜

●カルシウム吸収を促進する新規食品素材の開発…渡邉 治

●食品中の難消化性糖類の
 カルシウム吸収亢進作用について…………………峯尾仁,他

●高度不飽和リン脂質の分子構築と機能特性………細川雅史

●Cholic Acid Transport Properties of
 Lactobacilli ………………………………………Peter KURDI,他

●食物アレルギーに挑む
―低アレルゲン化小麦粉製品の開発と
 そのアレルギー予防治療効果の解析―……………渡辺純

II 生体による認識と応答
●消化管での直接認識を介した
 食品タンパク質による膵酵素分泌調節機構………西隆司

●難消化性糖質と腸管IgA分泌………………………工藤慶太

●食品の摂取とコレステロール代謝…………………福島道広

●腸上皮の幹細胞システムにおける
 アクチビンの発現と機能……………………………園山慶

III 特別講演
●Nutrition and the Immune System …………R. K. CHANDRA

Page 3/3