◆2003年12月号◆

特集◆機能性食品素材の動向I
●プロバイオティクスを取り巻く最近の話題…伊藤喜久治
●DNAチップを用いた腸内フローラによる食品影響評価…久田貴義他
●う蝕予防とリン酸化オリゴ糖カルシウム…釜阪 寛
●機能性食品素材・関連機器紹介…

特集◆食品産業における温度管理
●米国Mesa Laboratories Inc社製‘新型DATATRACE’
 (超小型記憶式温度測定システム)の紹介および測定事例…川部元祥
●温度管理用示温材の種類と用途…田中 勇
●温・湿度管理機器紹介…

“カロリー当たりの栄養素概念”を取り入れ適正体重維持を実現する
料理も酔わせるお酒のチカラ
第1回 納豆健康学セミナー
乳由来のカルシウムに大きな期待「ウエイトマネージメントセミナー」を開催
 
    ◆2003年11月号◆

通巻500号―新たな発展に向けて
●特別座談会:新たな発展に向けて―食品業界40年の歩み
●特別寄稿:21世紀の食品包装を展望する…葛良忠彦

特集◆製菓・製パンの副素材動向
●「ダイヤイーストPBX」の特徴と利用効果…井村聡明
●「穀物酢」,「イノベイト」によるパンの日持ち向上…渋田隆伸
●製菓・製パン用耐熱性ジャム製造のためのペクチンの利用技術…唐川 敦
●ポリリジンの抗菌効果と製菓類への利用…武藤正道
 
    ◆2003年10月号◆

特集◆惣菜業界の近況と技術動向
●中食産業における技術開発の動向とHOT成型冷却システム…中村博昭
●漬物における乳酸菌スターターの利用とHS-1の特性…橋本俊郎
●フライ油劣化測定器「PCテスター」による油脂の品質管理…十時陵利

特集◆高齢者・医療向け食品の開発
●高齢者・医療向け食品包装…横山理雄
●乳由来原料を使用した医療・高齢者向け食品…武田安弘他
●高齢者向け食品開発とテクスチャー…神山かおる

監修:大久保一良―XYZで暮らしを見る(2)
活性酸素の消去を発光現象で示すXYZ系活性酸素消去機構…編集部

『苦いものを全部甘味に変えることが出来れば,楽し
 い食生活が送れることでしようネ…?!』(完)
苦味・甘味物質にはプロトタイプとハイブリッドタイプの2種の形態がある
と考えられるのではないか?〜エピローグ…塩松洋造他

連載 世界の食探訪(最終回)
健寿を求めて〜日本編〜…越智宏倫
 
    ◆2003年9月号◆

特集◆天然調味料の開発動向
●天然調味料の開発動向と今後の趨勢…末時祟行
●酒類調味料の近況と開発動向…石田丈博他
●酵母エキス系調味料の近況と開発動向…鈴木睦明

特集◆感性バイオセンサの近況
●味覚センサーを用いた味の定量化と香りを含む風味の総合評価…池崎秀和他
●電子嗅覚システムの食品・飲料分野への応用…吉田浩一

監修:大久保一良―XYZで暮らしを見る(1)
●DDMPサポニンがリノール酸の自動酸化を抑制する時…北方円香

『苦いものを全部甘味に変えることが出来れば,楽し
 い食生活が送れることでしようネ…?!』(2)
甘味と苦味発現における相関ならびに共通性〜カゼインC末端
オクタペプチドを用いた甘味ペプチドの合成…塩松洋造他

連載 世界の食探訪(14)
健寿を求めて〜北欧編 II〜…越智宏倫
 
    ◆2003年8月号◆

特集◆食品工場の排水処理技術
●食品工場における排水処理技術・装置の近況…牛山 保他
●メタン発酵促進技術による油脂含有食品加工排水処理…宮 晶子他
●余剰汚泥の脱水技術と装置…黒川忠雄

高濃度茶カテキン飲料の開発とその効用
―茶カテキンの体脂肪低減作用―…村瀬孝利他

『苦いものを全部甘味に変えることが出来れば,楽し
 い食生活が送れることでしようネ…?!』(1)
プロローグ〜アスパルテームにおける甘味の再構成…塩松洋造他

連載 世界の食探訪(13)
健寿を求めて〜北欧編 I〜…越智宏倫
 
    ◆2003年7月号◆

特集◆水産加工品の技術動向
●水産ねり製品の需給と製造技術動向…中川則和
●乳化すり身と機能性ねり製品開発の可能性…岡崎恵美子
●水産珍味におけるHACCPの取り組み…根岸 豊
●ペクチンのエビへの特性と利用効果…志賀顕太郎

特集◆ハイバリヤー包装材
●ハイバリアーフィルム
 セネシ(R)HOP セネシ(R)HON セネシ(R)XOP-S」…西村 協
●PVAコートOPPフィルムの近況「トーセロ A-OP」…戸田欽一
●ナノテクハイバリアー「セービックス(R)」の特性と用途…角野岳志
●各社のハイバリヤー包装材の紹介…

おもてなし王国〜土地の良さを伝えたい
 三重県・中南勢地区の町おこし

連載 世界の食探訪(12)
健寿を求めて〜インド編IV〜…越智宏倫
 
    ◆2003年6月号◆

特集◆食品工場の洗浄・除菌技術
●食品製造プロセスにおける新規洗浄方法の原理とその特性…今村維克他
●オゾン水によるカット野菜洗浄技術…吉田幸一
●シングルユースCIPシステム…飯塚雅之
●殺菌剤検出キット利用による洗浄度チェック…佐伯佳映
●食品製造現場における簡易水質検査試験紙
 「アクアチェック(R)シリーズ」の利用…竹田良子
●電解水利用の現場…
●洗浄除菌剤と関連機器紹介…

2003国際食品工業展の概要と特徴

新規ネイティブ型ジェランガムの食品への応用…石井敏宏他
直動往復運動〈レシプロ〉式モータの開発と応用可能性…中川洋

●連載 世界の食探訪(11)…
●健寿を求めて〜インド編III〜…越智宏倫
 
    ◆2003年5月号◆
〈XYZ系活性酸素消去発光データファイル(9)〉
これまでを振り返って!

特集◆冷菓・チルドデザートの近況
●機能性ヨーグルトの近況と今後…伊澤佳久平
●デザート食品用フレーバーの近況…内海健一
●増粘多糖類のデザートへの応用…宮野利朗他
●テトラパック・ホイヤーアイスクリーム製造システム…池尾成一
●デザート食品への豆乳の利用とその効用…宮田啓二
●冷菓・チルドデザート関連素材の紹介…

ハイガスバリヤーフィルム『コージンコーバリア』
 の特長と利用分野…幸原 淳

連載 世界の食探訪(10)
健寿を求めて〜インド編II〜…越智宏倫
 
    ◆2003年4月号◆

〈XYZ系活性酸素消去発光データファイル(8)〉
XYZ系活性酸素消去発光におけるXY

特集◆微生物検査の迅速・簡易化
●食品工場における微生物学的簡易・迅速法…村瀬 稔
●遺伝子診断による食品微生物検査の現状と展望…小林一寛
●微生物検査の迅速化と自動細菌検出システム
   「クオリバックスTM」…上橋健三他
●「エバテストVT1/2」によるベロ毒素の迅速検出…松浦恒昭
●MIDIシステムによるガスクロでの微生物分析…笹本喜久男
●全自動微生物測定装置「BACTANA」による
●業務用レトルト食品の殺菌技術・装置…浅原哲雄
   細菌数ダイレクト測定…坂田 孝
●ビデオモニター型細菌検出装置BiomaticTM VDCS…小川廣幸
●各社の微生物測定装置・機器…

連載 世界の食探訪(9)
健寿を求めて〜インド編I〜…越智宏倫
 
    ◆2003年3月号◆

〈XYZ系活性酸素消去発光データファイル(7)〉
XYZ系活性酸素消去発光における柿のXYとZの回復(顕在化)

特集◆食品の加熱・乾燥技術
●気流式殺菌装置利用による粉粒体食品の殺菌効果…山中良郎
●食品加工への遠赤外加熱利用の現状…木村嘉孝
●オーツ麦EXの機能とその生理活性効果…古賀拓郎他
●各社の加熱・乾燥装置紹介…

特集◆食品包装の工程管理
●加工食品の包装工程管理のポイントと課題…新宮和裕
●包装工程における画像処理装置の利用…長島次郎
●食品包装工程の品質管理機器の紹介…

集中連載 食品表示モニタリングのための分析技術(最終回)
残留農薬分析の概要とその効率的な分析技術について…柿本芳久

連載 世界の食探訪(8)
健寿を求めて〜中国編V〜…越智宏倫

レッグマン・レポ:「選ばれる産地」を目指して
−こうち農業ISO14001チェーン構想推進事業−
 
    ◆2003年2月号◆
〈XYZ系活性酸素消去発光データファイル(6)〉
XYZ系活性酸素消去発光におけるZ機能の回復とその応用

特集◆清涼飲料の近況と関連機器
●果実飲料の現況と新製品の開発動向…伊福 靖
●特定保健用食品「健茶王(R)」の開発―食後の血糖値上昇がゆるやかになる―…佐野 淳
●バクテアラート利用による清涼飲料の迅速無菌検査…山縣 尚
●ミクロバブル超臨界CO2殺菌法と装置開発…下田満哉他
●清涼飲料製造の関連機器…

特集◆液体用食品容器の近況
●レトルト対応ニューボトル缶の開発動向…増田正行
●ホット飲料用PETボトルの技術動向とACTIS-Lite…山下裕二
●液体容器と関連機器紹介…

◎乳業向け製造実行システム(スーパー管理食)事例紹介…澤内和男
◎共押出延伸フィルムの新しい包装技術への応用について…山本正孝他

連載 世界の食探訪(7)
健寿を求めて〜中国編(IV)〜越智宏倫
 
    ◆2003年1月号◆

〈XYZ系活性酸素消去発光データファイル(5)〉
XYZ系活性酸素消去発光におけるZ機能の回復

特集◆機能性食品素材の近況(II)
●海外における機能性食品の近況…久保田徹
●発酵大麦ファイバーの機能とその応用…林 圭他
●オーツ麦EXの機能とその生理活性効果…古賀拓郎他
●果実酸の保健的効果…南田 賢
●機能性食品素材の製品紹介…

特集◆製造現場が待っている微生物検知技術-動向と将来性-
●特集にあたって…五十部誠一郎
●微生物検知技術の現状…川崎晋他
●食品安全性検査分野における迅速遺伝子増幅法…西村直行
●ルシフェラーゼを利用した迅速衛生検査…本間 茂
●酸素電極法(DOX)による微生物検出技術の現状と将来像…吉田雅一
●多チャンネル型溶存酸素電極法(DOX)による
 サルモネラ属菌の特異的検出と食品分析への応用…末 信一朗
●微生物検知機器と関連資材紹介…

集中連載 食品表示モニタリングのための分析技術(4)
生鮮食品および加工食品の判別技術(II)
―水産物の科学的検証技術―…高嶋康晴

連載 世界の食探訪(6)
健寿を求めて〜中国編III〜…越智宏倫
 
            ←前の頁戻る